訪問歯科診療・出張歯医者選びのサポートをしてくれるおすすめ紹介窓口をランキングでご紹介!【口コミでも評判の在宅治療サービス】

訪問歯科は入院中でも来てもらうことが可能

訪問歯科は、対象者のところに歯科医や歯科衛生士が来てくれます。ただ訪問型のサービスの場合、気になるのが自宅以外でも使えるかどうかです。特に入院した場合「居宅」扱いとならないため、利用できなくなるサービスも増えます。

今回は入院している時も利用できるかどうか、利用するときの注意点について確認していきます。

 

自宅に歯科医・歯科衛生士が来てくれる

訪問歯科とは、対象者のところに歯科医・歯科衛生士が訪問し、口腔内のケアや治療などを行うサービスです。歯科医や歯科衛生士が来るサービスとしては往診もあります。往診の場合、通院が難しい方を対象に家族などの依頼を受けてその都度訪問します。

一方訪問診療の場合、定期的に歯科医や歯科衛生士の訪問があります。定期的に利用することができるため、継続的に治療を受けることができるのです。特に高齢の方の場合、義歯の手入れが重要となります。義歯があっていないと、飲み込む力やしゃべる力が低下するからです。

訪問診療の場合、診療項目の中に義歯の作成も含まれています。義歯は作ったらそれでおしまい、というわけではありません。定期的な調整やケアが重要となります。定期的に対象者のもとに歯科医等が来ることで、義歯の調整もその都度行うことができるのです。

さらに対象者の生活環境を見ながら治療することができるため、その人の生活環境に合わせた口腔ケアが行われます。毎回病院に行く必要もないため、対象者や介護者にかかる身体的・精神的・時間的負担も少なくなるでしょう。

 

入院した場合、訪問歯科の利用はどうなるの?

訪問歯科は対象者のところまで歯科医や歯科衛生士が来てくれます。定期的に口腔ケアや治療を受けることができるので、身体状況の維持向上につながります。

しかし、時には対象者が体調を崩してしまい、入院してしまうこともあります。その場合、心配になるのが入院中の口腔ケアです。入院中は身体を思うように動かせなかったり、意識レベルの問題などで十分な口腔ケアができない恐れがあります。

口の中の状態が悪化すると、薬が飲めなくなったり、食事が思うように取れなくなる危険性が高まります。口の中で細菌が繁殖することで、感染症などにつながることもあるでしょう。服薬している薬や受けている治療の副作用で、口の中の状態が悪化する恐れもあります。

できることなら、入院中も専門家に口腔ケアを依頼したいものですよね。訪問歯科は入院中も利用可能です。入院中の場合も対象者のところに歯科医や歯科衛生士が訪問し、口の中のケアを行っていきます。

もし利用する場合は、入院先の病院に事前に確認したうえで、窓口に連絡しましょう。なおすでに利用している場合は、利用先の事業所に入院していることを伝えておきます。

 

入院時に訪問歯科を利用するまでの流れ

訪問歯科の利用は基本的に、窓口に問い合わせるところから始まります。まず利用したい事業所の窓口に連絡し、現在の状態などを伝えていきます。もし家族から事業所に依頼したい場合は、事前に主治医などに確認しておきましょう。

なお事業所への連絡は家族が行うこともありますが、病院側から行うことも少なくありません。必ずしも家族が連絡しなければいけない、というわけではないのです。

また精神的な障がいを抱えている場合、主治医の診断書が必要な場合があります。精神的な障がいを抱えている場合は、特に注意するようにしましょう。事業所に依頼をしたら、次に行われるのが日程調整です。訪問日時については、基本的に病院と事業所が行います。

日程調整が終わったら、いよいよサービスが始まります。歯科医・歯科衛生士等が必要な機材を持って、対象者のところまで行きます。機材は歯を削る器材やレントゲンなど、基本的な治療に必要なものはそろっています。治療が終わったら毎回報告書が作成され、入院している病院側に渡されます。入院先の病院と連携をとりながら、口腔ケアを行っていくのです。

 

入院中も介護者の立ち合いは必要?

訪問歯科は対象者のところに来て口腔ケアを行いますが、自宅で利用する場合、基本的に介護者がそばにいる必要があります。

むし歯・歯周病・義歯の作成といった治療の他、口腔ケアの指導も行われます。介護者に対しても、正しいブラッシングのやり方やリハビリなど、対象者の口腔状態を維持向上させるための指導が行われます。

口腔ケアを勧めていくうえで、対象者の生活状況を把握するためにも、情報共有が必要不可欠となるでしょう。ここで気になるのが、入院中の介護者の立ち合いです。入院している場合、基本的には病院と事業所で日程調整が行われます。時間帯や曜日によっては都合が合わない可能性があるでしょう。

特に平日仕事をしている方の場合、入院先・事業所と日程調整することが難しいことが多いです。対象者が入院している場合、基本的には介護者の立ち合いは不要です。主治医や看護師といった医療スタッフと連携を取りながら口腔ケアを行っていくからです。毎回入院先に報告書も提出されるため、入院先や事業所に確認すれば、今どのような状態か確認することも可能です。

 

いつも利用している事業所が使えない?

対象者が自宅や施設にいる時から訪問歯科を利用している場合、できればこれまで使っていた歯科を使い続けたいものです。対象者や介護者も慣れているスタッフの方が、不安が少ないでしょう。口腔ケアもこれまでの状態を把握した上で行われます。

ただし、入院中の場合はかならずしも利用している歯科を使い続けることができるわけではありません。利用できる歯科は、病院の場所によって変わるからです。訪問歯科の利用範囲は、歯科医院から16km以内と定められています。入院先が利用している歯科医院から16km以内の場合、主治医等に伝えれば引き続き利用することも可能でしょう。

一方で入院先から16km以内に利用している歯科医院がない場合、その歯科医院を利用することはできません。その場合、入院先から近い歯科医院を再度探す必要があります。入院先によっては、近隣の歯科医院と連携を取っている場合があります。

また、全国展開されている事業所をすでに利用している場合は、事業所に連絡をとるのもおすすめです。情報共有がされたうえで、範囲内の歯科医院が派遣されるからです。

 

やっぱり気になる費用のこと

訪問歯科を導入する際、費用面も気になります。訪問歯科で提供されるサービスは、医療保険と介護保険に分かれます。むし歯・歯周病の治療や義歯の手入れなどは治療行為にあたりますので、医療保険の範囲です。

一方口腔ケアの指導や薬の管理指導などは「居宅療養管理指導」になり、介護保険の範囲となります。自宅やグループホームなど「居宅」と扱われる場所に歯科医・歯科衛生士が訪問した場合「居宅療養指導」加算が適用。介護保険の負担割合に応じて支払われます。入院中に行われる治療や口腔ケアの費用は、基本的に医療保険の範囲になります。

各種医療保険の負担割合に応じて、支払っていきます。病院は「居宅」として扱われないため「居宅療養管理指導」加算は算定されません。介護保険による費用負担はないといえるでしょう。細かい費用については治療内容ごとに異なりますので、事業所に確認しておきましょう。

なお訪問歯科による治療も、高額療養費の対象になることがあります。手続きが必要になることもあるので、領収書はとっておくことをおすすめします。

 

訪問歯科を利用することができるのは、自宅だけではありません。入院中も利用することができます。口の中の状態を保ち続けることは、身体機能の維持向上につながります。気になる場合はまず主治医や事業所に相談をしてみましょう。

 

サイト内検索
記事一覧