訪問歯科診療・出張歯医者選びのサポートをしてくれるおすすめ紹介窓口をランキングでご紹介!【口コミでも評判の在宅治療サービス】

訪問歯科を利用して口腔ケアをすることの必要性

公開日:2019/04/01  最終更新日:2019/04/04

口腔ケアなどでトラブルがあったときには歯医者さんに行くのが一般的です。

しかし、様々な事情で通院が困難な人が多いこともまた事実です。

近年、訪問歯科の口腔ケアの必要性が大きく取り上げられています。

 

対応の早さは訪問歯科の大きな魅力

訪問歯科を利用している人がその必要性を1番感じられることの1つが、対応の早さです。

例えば車椅子でも通うことができるバリアフリーの歯医者さんは十分な数があるとはまだ言えません。

予約も取りづらく、すぐに診てもらいたいと考えても1週間先になってしまったという事態はザラです。

その次の治療の予約にもまた時間がかかってしまうことを不安に感じる患者はたくさんいます。

その点訪問歯科ならケアマネージャーさんを介してお願いすることもできますし、治療に来るのが比較的早いところを見つけることもできます。

認知症を患っている人などは、性格的に頑固だったりなかなか素直に通院することが難しいこともよくあります。

柔軟に対応をしてくれる訪問歯科は、このような意味でも必要性を叫ばれているのが現状です。

また、早い対応を必要としていることをよく理解しているため、急いで診てほしいことを伝えなくてもわかってくれる歯医者さんが多いです。

口腔ケアを考えるときスピードは真っ先に重視されることは少ないですが、素早く診てもらえる専門家の必要性は高まっています。

 

気軽に利用できることで利用者の喜びは大きくなる

虫歯の治療や入れ歯の不具合で歯医者さんに診てもらうことが必要な時があります。

健常者なら歯医者さんを予約してクリニックに通うのが一般的です。

しかし、要介護者足腰が健康ではない老人などは、そうはいきません。

通うことだけでも一苦労という人がたくさんいます。

訪問なら歯医者さんが自宅や施設に来てくれるため、送迎の必要もありません。

口の中の状態に対して直接話をしたりアドバイスを仰ぐことも簡単です。

口腔ケアをすれば噛む力は増し、ご飯が美味しくいただけるようになったと喜びの声をあげる人もたくさんいます。

本人だけではなく家族が嬉しい気持ちになるのもメリットです。

口の中の健康にはなかなか意識が向かないことが多いですが、訪問してもらえるとわかればその必要性も理解しやすくなります。

実際に診てもらい、アドバイスなどをもらうことで日々のブラッシングにも意欲的に取り組めます。

正しい歯磨きの方法がわかれば、毎日の口腔ケアに役立てることも可能です。

定期的に診てもらえれば、さらに口の中の健康を長く保つことにもつながります。

 

誤飲性肺炎なども予防することができる

我々の鼻と口からつながる管は、のどの奥で食道と気管に枝分かれしています。

通常呼吸でとり入れられた空気は気管へ、食べ物は食道へ運ばれていきます。

2つの管の分かれ道には喉頭蓋という蓋のような器官があり、何かを飲み込んだ時は気道に入っていかないように蓋をする仕組みです。

この喉頭蓋がタイミングよく閉まってくれず、気道側に食べ物や唾液が流れてしまうことがあります。

こうなると一緒に細菌が入ってしまい、炎症を起こすこともしばしばです。

この炎症を誤飲性肺炎と呼びます。

体のだるさや発熱・空咳などとても苦しい状態に陥ってしまいます。

悪化すれば命に関わることも珍しくはありません。

定期的な口腔ケアを訪問歯科で実現すれば、誤飲性肺炎は低くない確率で予防できます。

様々な理由からなかなか歯医者に通えない人でも、予防措置を講じることができるため近年特に注目を集めています。

口腔ケアを怠ると口の中だけではなく、全身の健康に影響を与えることは広く知られています。

その必要性をより身近に感じることができる訪問歯科は、今後ますます多くの人の助けになると期待されているのが現実です。

 

専門的なアドバイスを自宅で受けれる

在宅介護をしている場合、患者さんを介助しつつ歯医者さんに連れて行くのは家族にとって大きな負担です。

訪問で来てもらえるシステムを利用すれば、口腔ケアのプロに直接見てもらうことができます。

訪問歯科は医療保険だけではなく、居宅療養管理指導という名称で介護保険の対象にもなります。

介護認定を受けていれば、金額や回数などでよりリーズナブルに利用することが可能です。

ただし、治療が必要な場合は通常の歯科医院やクリニックで受ける治療と同等の料金が必要になることには注意しなければいけません。

金銭面でも利用しやすくなっていることが、訪問の形態で口の中を診てもらう人が増えている理由です。

やり方がわからない人は、地域の歯科医師会や歯科衛生士会などに問い合わせてみると良いです。

その他の専門職などの他職種と連携を取り、きめ細かな対応を期待できます。

専門的なケアやアドバイスを自宅でしてもらえれば、気軽に利用することが可能です。

さらに行政などからの補助を受けることができるならなおさらです。

口の中もそこから派生する体の健康も、簡単に手に入れられるチャンスは広がっています。

 

自宅でできることは増えてきている

ひと昔前までに比べて、訪問歯科でできる事は飛躍的に増えています。

ポータブルユニットやレントゲンなどを自宅に持ち込むことができる歯医者さんも少なくありません。

ここまで訪問診療専用機材が揃えてあれば、通常の歯科医院とほぼ同等の治療を自宅でしてもらうことが可能です。

連絡や予約をすれば短時間で診に来てもらえるため、手軽さも受けています。

訪問歯科では、口腔内の衛生状態や機能の維持改善を目的とした歯や舌のブラッシング・食物の残り除去・粘膜の清拭とマッサージなども行ってもらえます。

この時、自宅を訪問してくれるのは歯医者さんだけとは限りません。

例えば歯科衛生士さんコーディネーターが同行することもあります。

歯科衛生士さんは歯科医師の補助や口腔衛生指導など、専門性を持った対応が期待できます。

診療機材を搭載した専用車両の運転をしたり、ルートの管理や機材のセッティングも行ってくれるコーディネーターは、トータルで歯科診療をサポートできる役割です。

それぞれが持ち味を生かし発揮することで、自宅でもできる事はますます増加傾向にあります。

 

介護や介助をする人にとっても強い味方

訪問歯科で口腔ケアをする必要性は、何も治療を受ける人に限りません。

例えば介護や介助が必要な人にとって、日常的にサポートをしてくれる人の存在は不可欠です。

サポートをする側からしても、訪問歯科は強い味方となります。

まず、歯医者さんに通わなくて良いのは経験者にしか理解しづらいメリットです。

それほど病院などに連れて行くことが困難な患者もいます。

通うのが難しい人たちにとって、自宅や施設まで歯医者さんが来てくれることは、どれほど助けになるかわかりません。

ストレスは大きく軽減されます。

時間や気持ちにも余裕が生まれ、さらに健康と向き合うことができるようになります。

自宅で、自分たちのペースで診てもらえることは、他にもメリットをもたらしてくれます。

ブラッシングの仕方などを細かくアドバイスしてもらえば、普段からの口腔ケアにも役立てることが可能です。

コツや時間のかけ方、力の入れ具合・抜き具合等を理解した上で健康に留意することができます。

訪問で口の中を診てもらうことや日常のブラッシングを楽しみにする人も多いです。

 

歯医者さんに通うのが困難な人にとって、訪問歯科で口腔内のケアを受けることの意義は大きいです。

実際にケアしてもらう人も、その人を介護している人も助かります。

口の中の健康は全身の健康にも大きく影響するため、誤飲性肺炎の予防など直接的な要因以外でも役立つ事は多いです。

サイト内検索
記事一覧