訪問歯科診療・出張歯医者選びのサポートをしてくれるおすすめ紹介窓口をランキングでご紹介!【口コミでも評判の在宅治療サービス】

訪問歯科は自宅だけではなく介護施設などでも利用可能

訪問歯科は自宅や介護施設などにおいて訪問歯科診療を利用することができるクリニックです。

通院困難な人や要介護認定者といった治療をクリニックにおいて受けられない人に対し、訪問歯科診療を行います。寝たきり状態だったり足が悪いという人も利用することができ、病院や介護施設などでも依頼することができるので便利です。

 

寝たきり状態や認知症の人におすすめ

訪問歯科診療にはいろいろなメリットがあり、一人で歯科クリニックまで通院するのが難しい人や付き添うのが難しい人におすすめです。寝たきり状態や認知症などの疾患を持っている人も利用することができ、入れ歯が合っていなかったり入れ歯を作りたいという希望もかなえることができます。

飲み込みが悪くなったり喉につかえた感じがする場合も気軽に医師に相談することができ、通院が困難な人も介護施設や自宅などで治療を受けることができるので便利です。

通院と変わらない高い品質の治療を行うことができ、例えばポータブルユニットやポータブルレントゲンなどを持ち込むことができます。嚥下内視鏡などのさまざまな機材を準備することができ、治療に必要なものはほとんど持ち込みすることが可能です。

一般の歯科医院で受けられる治療と同じクオリティの高い診療を利用することができます。既に介護施設などにおいて依頼しているところは多く、通院する手間や時間を省くことができ安心・安全に施術することができるでしょう。

口腔ケア全般をサポートしてくれたり、ブラッシングなどの指導を受けることができます。

 

適切な入れ歯に合わせることができる

訪問歯科を利用するといろいろな効果を実感するようになります。例えば胃ろうの患者の場合徐々に食事ができるようになったり、入れ歯を調整したらうまく咬めるようになったという人もいます。

適切な入れ歯にすることで食事が楽しくなったり、中には発熱が少なくなったやなくなったという効果もあるので便利です。口臭が気にならなくなったり、ベッドで寝たまま治療を受けることができるので快適であるという意見が多くあります。

また、寝たきりだった患者の入れ歯を作成しなおしたところ、しばらくすると歩けるようになったケースもあるのでいろいろなメリットを感じることができるでしょう。直接口腔とは関係ない辛い症状でもケアすることによって、予想もしなかったような改善が見られることもあるでしょう。

インフルエンザや風邪などを引きにくくなったり、通院するのに家族の負担が軽減されたという声もあります。診療内容に関して報告してもらえるので安心・安全して依頼することが可能です。

介護施設などにいて通院することを諦めているなら、一度訪問歯科を検討してみることをおすすめします。

 

口腔全体のケアを行うことができる

高齢者にとって食べることは生きることと同じで、食事の時間を楽しみにしている人は多くいます。多くの高齢者が食べる楽しみを味わうため、訪問歯科診療を利用することをおすすめします。

いろいろな施設に訪問し歯を磨く方法をアドバイスしたり、週1回施設に伺い患者の口腔のお手入れを行うことが可能です。歯科医院と同じ高い技術を駆使することができるので、丁寧な対応を受けることができます。

介護施設や病院では利用者全員が口腔の衛生管理を行うことによって、医療費全体の削減に繋げることが可能です。痛い時はもちろん高齢者の口腔機能を改善するため診療を積極的に利用すると、生活の質を向上することができます。

厚生労働省も在宅医療を後押ししていて、入院した患者が自宅や施設などでの訪問診療に移ることで医療費が減少するという見方があります。口腔ケアに必要なケアグッズは費用に含まれていたり、歯ブラシ吸引器ブラシや入れ歯ブラシ・舌ブラシなどを無料で使用したり交換してくれるところもあるので便利です。

保険を適用することができるのでリーズナブルな料金で利用することができます。

 

食事を楽しむことができるようになる

口腔内ケアを行うことによって肺炎を予防することができ、高齢者の死亡原因でもある誤嚥性肺炎を抑制することが可能です。

食べ物を口に入れる際、細菌が唾液や胃液などと一緒に肺に流れ込むことから引き起こるのが肺炎です。口腔内ケアが行き届かないと口の中で細菌が繁殖し、肺炎悪化のリスクが高まるでしょう。

口腔内ケアを行うことで肺炎予防に繋げることができ、飲み込む力が衰えたり細菌を除去する白血球の力が次第に弱くなる高齢者に対して、誤嚥性肺炎を予防するのに口腔内環境をきちんとすることは大切です。

体外から消化管内などに通したチューブを使って流動食を摂取する人も、唾液分泌量が少ないので口腔内ケアは重要になります。介護施設にいる高齢者の楽しみは食事で、自分の歯で咬んで食べ物を味わう喜びは年齢に関係なく変わらないものです。

高齢者の多くは軟菜やソフト食、ペースト食やミキサー食といった介護食で摂取しているので、低栄養になってしまうことが問題になっています。訪問歯科を依頼すると義歯の調整を行うことができたり、咀嚼のリハビリを行うことが可能です。唾液を出す練習をすると、栄養価が高く美味しい食事を楽しむことができます。

 

口腔機能を改善することができる

介護施設にいる高齢者にとって誤嚥性肺炎のリスクは高いので注意が必要です。食事した際、食べ物が食道を通らず肺に入ってしまうのを誤嚥と呼び、高齢者は飲み込む機能が弱くなり、口腔内の細菌や胃液などが誤って肺に入ることがあります。

細菌を含んでいる唾液も一緒に誤嚥するので菌が肺へ侵入し、菌を排除できる白血球に力がないと気管支や肺などで細菌が増殖し肺炎を引き起こす仕組みです。誤嚥性肺炎を予防するために機能の改善が必要になります。

口のケアを行うと舌や口唇などの機能を改善することができ、食べる量が増えるので栄養状態を改善することができ免疫機能をアップすることができるでしょう。口から食べ物を摂取しなくても口腔内ケアは必要で、粘膜の老廃物や痰といった汚れなどが溜まります。

唾液の分泌が減少するので結果的に細菌が増加し、誤嚥性肺炎になるリスクが高まるので注意が必要です。寝ている間に唾液を誤嚥すると誤嚥性肺炎にかかるリスクもあり、予防するには就寝する前の口のケアや唾液の分泌を増やすため口で食事することがポイントです。

 

診療用器具はすべて持参してくれる

診療の流れとして、まず歯科クリニックに申込みを行います。患者の口腔内の状態やスケジュールなどを相談することができます。診療日になると専門スタッフが自宅や介護施設などに訪問してくれ、必要な機器などに関しては持参してくれるので患者側では特に何も必要ありません。

患者を順番に診療していき、担当医師や歯科衛生士などと連帯してチームとして治療を行っていきます。口腔全体のケアを行うことができ、入れ歯の調整や作成などを依頼することが可能です。

ブラッシングのアドバイスを聞くことができ、定期的に口腔ケアすることによって身体全体の改善に繋げることができます。診療用器具を取り揃えているので、ベッドや車椅子でも治療が受けることが可能です。

家族も同席することができるので安心して依頼することができ、保険が適用されるので低価格で利用することができます。現金はもちろんクレジットカードや口座振込みなどでも支払うことができるので便利です。

適切な義歯を装着したり摂食嚥下リハビリテーションを受けることで、口腔機能を向上することができる毎日の食事が楽しくなります。

 

訪問歯科は介護施設などで歯科診療を受けることができ、寝たきり状態の人や認知症などの人におすすめです。入れ歯を調整することができたり、口腔全体をケアすることができます。口腔機能を改善することができるので、食事を楽しむことができるでしょう。

サイト内検索
記事一覧