訪問歯科診療・出張歯医者選びのサポートをしてくれるおすすめ紹介窓口をランキングでご紹介!【口コミでも評判の在宅治療サービス】

訪問歯科を必要とする要介護者は増えている

訪問歯科サービスを提供する施設が増えています。

選択肢が多くなるので、利用する側にとっても感激すべき状況です。

要介護者はもちろん、介護する側の人間にとってもメリットが多いので、この現状から今後益々利用者は増えるはずです。

 

高齢の要介護者は増加している

訪問歯科とは、通院が困難な方のために自宅や入院先の病院、介護施設などに歯医者さんが来てくれる歯科往診サービスです。

日本は長寿国としても有名で、世界ランキングをチェックしても常に上位に食い込んでいるほど、長生きをする方が多いのが特徴です。

最新のデータでも日本は堂々の1位に輝き、男女の平均寿命は83.7歳と記録されています。

女性は特に長生きする方が多く、平均寿命は約87歳と素晴らしいデータが報告されています。

ただし、長生きをする高齢者が全員元気なわけではありません。

もちろん、中には自分で歯医者さんに通院するのも問題ないぐらい元気いっぱいのご老人もいらっしゃるかも知れませんが、病気やケガ、老化によって歩くのもきつい方、歩行困難になってしまった方も少なくありません。

日本は世界トップの長寿国であると同時に、要介護認定を受ける者を多数抱える高齢社会問題も年々深刻化している国です。

歯医者さんの通院問題も、高齢社会が進むにつれて浮上している大事な問題です。

現在、訪問歯科を必要とする要介護認定者は日本でも増加傾向にあります。

この現状から今後益々このサービスを利用する人数は増える一方だと予想されます。

 

歯医者さんに行けないことは要介護生活の重要な問題

現在、要介護認定されている人数は630万人近い人数になりますが、そのうち65歳以上の認定者は18%近くを占めます。

75歳以上になるともっと割合は増えますが、要介護認定を受ける高齢者は今後さらに増えると予想されます。

要介護認定を受けるほど日常生活を送るのが困難な状況になると、困るのが歯医者さんの通院問題です。

人間の歯の問題は健康と密接な関係にあります。

歯や歯茎が健康ではないと、食べ物を咀嚼する時にも不具合が生じるので、胃腸など消化器官に影響を与えることもあります。

栄養がしっかり摂れないことで健康を損ねることもあるので、健康的な生活を送るためにも歯のコンディションが重要な鍵を握っています。

年齢に関わらず定期的に通院し、虫歯などの病気は治し虫歯の芽がないかどうか確認することが大切です。

虫歯がない人でも、普段の歯磨きで歯垢を完全に取り除くのは簡単ではありません。

確実に蓄積する歯垢をケアするために、半年から1年に1度は検診するのが理想的です。

ところが、歩くのも困難な状態になると、とても歯医者さんに通える状況ではなくなります。

歯の健康を保つためにも、訪問歯科のサービスは非常に価値があります。

 

訪問歯科を必要とする要介護者の種類

高齢になると手が不自由になることも多く、歯磨きをきちんと行うのが難しくなります。

寝たきりの状態になると口をゆすぐのもスムーズに行えなくなるので、介護する側の人間にとっても歯のケアはハードルが高いお世話になります。

事実、何らかの歯科医療が必要と判断される要介護高齢者は9割に及びました。

ところが、調査でも実際に歯医者さんを受診しているのはそのうちの3割に満たないことが判明しています。

特に外来の受診率は70歳以降急速に減少するので、訪問サービスを積極的に受ける必要があります。

また、歯科の訪問サービスを必要とするのは高齢者だけではありません。

一般的に、65歳以上の要介護状態にある人間が要介護認定されますが、65歳未満でも認定対象になります。

年齢が40歳以上65歳未満、かつ末期ガンや関節リウマチ、脳血管疾患、慢性閉塞性肺疾患など特定の疾病が認められた方も認定されます。

どの疾病も普段通り歯医者さんに通院するのが難しくなります。

特定疾病の発症率も若年齢化しているので、今後益々訪問サービスを利用する人間は増加傾向にあるはずです。

とても現代のニーズに合っているサービスと言えるでしょう。

 

なぜ訪問サービスの需要が高くなっているの?

訪問歯科の需要は年々伸びています。

需要が高くなり利用する人間が増えている理由の1つは、介護を必要とする人間にとって非常にたくさんメリットがあるからです。

まず、身体が自由に動かすのが難しくなると、移動自体大変になります。

歯医者さんとスタッフが自宅まで来てくれると、移動の苦労がなくなるので、要介護者も無駄に体力を消耗することがなくなります。

普段生活している場で受診できるので、歯医者さんが苦手な患者さんにとってもリラックスすることができます。

認知症や統合失調症など、長時間じっとしているのが難しい症状の患者さんは、通院による歯科治療も受けづらくなります。

ところが、自宅で治療を受ける場合精神的な負担が激減し、問題となる症状がひっこみスムーズに治療を受けることができたとの声も多数寄せられています。

要介護の特定疾病に指定されているリウマチなどは、麻痺や硬縮などの症状で座位が困難になりますが、自宅で治療を受ければ寝たままの処置もできるので、体勢を無理に変更する必要もありません。

待合室で長時間待機する必要もないので、待つのが苦手な性格の方にもぴったりです。

 

訪問歯科は介護者の負担も減らすことができる

歯科の訪問サービスの需要が伸びているもう1つの理由は、介護される側はもちろん介護をする人間にとってもメリットが多いからです。

本人の意思確認が難しい場合でも、介護者が積極的に訪問サービスを申し込むケースが大半です。

歯科衛生の大切さは一般的に認知されていますが、要介護者を受け入れてくれる歯医者さんを探すのは簡単ではありません。

ようやく見つけてもすぐ近所にあるとは限らないので、連れて行きたいとは思っていても受診の機会を逃してしまうケースがよくあります。

また、時期によってはインフルエンザなどの感染症が流行しているので、要介護者や介護者にうつってしまうリスクもあるはずです。

特に介護者が感染してしまうと普段の介護に支障をきたすため、院内感染を恐れて受診を避ける傾向もあります。

その点、訪問歯科なら不特定多数の人間と触れ合うことがないので、感染流行時期も安心です。

高齢になると抵抗力が弱くなるので、感染対策のためにも訪問歯科を利用する価値はおおいにあります。

また、現場の声としてよく聞くのが往復の交通費の負担が減るメリットです。

要介護者が快適に移動するためには、専用の車やスタッフが必要です。

そういったものを手配するための交通費も馬鹿にならないので、自宅まで先生が来てくれるサービスは頼れる存在になるでしょう。

 

訪問歯科は医療保険や介護保険の適用対象

訪問歯科は介護保険の対象になるので、有効に活用しましょう。

医療保険はもちろん、居住療養管理指導という名称で介護保険の適用対象にもなります。

歯科医師による指導は1回約500円で毎月2回まで認められています。

歯科衛生士による指導も1回約350円で月4回まで利用することができます。

訪問歯科は虫歯の治療だけではありません。

口腔のケアやリハビリテーション、入れ歯の調整など腔内を快適に保つためのケアもお願いできます。

最近は歯科衛生士さんに口腔のケアをお願いするケースも増えています。

歯科衛生士さんに口腔ケアを依頼することで、単純に虫歯を見つけるだけではなく、口の端から食べ物がこぼれてしまう症状、よだれが出る症状、飲み込みにくくなる症状などを早期に見つける機会も増えます。

介護する立場から「むせることが多くなった」、「食事の時間が長くなった」など気がついたことを歯科衛生士さんに伝えることで、適切な指導方法を教えて貰えることもあります。

年齢を重ねるとどうしても飲み込みの機能が弱くなりますが、飲み込みにくくなると誤飲事故にも繋がるので、常に正確な状態を把握しておくのが理想的です。

口腔の状態によって食事メニューを改善する必要もあるので、口の中の状態は決して無視することはできません。

 

日本でも訪問歯科の需要は年々高くなっています。

時代のニーズに合ったサービスです。

訪問歯科のサービスを利用することで要介護者も介護者も負担を大きく減らすことができます。

訪問歯科は保険の対象になるので、経済的な負担も心配なく利用することができます。

サイト内検索
記事一覧