訪問歯科診療・出張歯医者選びのサポートをしてくれるおすすめ紹介窓口をランキングでご紹介!【口コミでも評判の在宅治療サービス】

訪問歯科による在宅歯科医療の必要性

公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/04/16

どんな人でも食べられる喜びを感じ口内のトラブルを解決することは、生活の質を維持するためにも大切です。

訪問歯科による在宅歯科医療は、患者本人やそのご家族を支える意味でも必要性が高いです。高齢化社会が進む中、歯科治療においても在宅で充実したサービスがより必要となる時代になっています。

 

食べられる喜びを維持するための口内ケア

寝たきりになっている方、体が不自由で長い距離を歩くことができない方は、活動範囲がどうしても制限されてしまいます。歯の診療を満足に受けることができなくなると、食事をとるときに影響が出ます。

虫歯や歯周病により歯が失われると、噛むことが難しくなるでしょう。硬い食べ物を避け柔らかいもの、咀嚼せずに食べることができる流動食だけになってしまうと、顎や喉などの機能も衰えてきてしまいます。

誤嚥が増えてくると、肺炎を起こす可能性も増加します。機能を維持して、長く美味しいものを食べることは、毎日の楽しみに繋がるでしょう。喜びがあると生き生きとしますし、自立度が高まり色んなことを自分の力だけで行いたいと考えるようになってくれます。

診療のため、寝たきりの方や体が不自由な方が通院することはとても難しく、サポートが必要になるでしょう。時間がかかり、本人やご家族の疲労と心的な負担が高まってしまいます。

外部のサポートを受ければ高額な費用も発生してしまうので、訪問歯科は必要性が高く、あらゆる負担を軽減できる優れた方法であるといえます。自宅あるいは介護施設など、いつもいる場所から移動する必要がないので、口内ケアや治療あるいは口腔リハビリに専念が可能です。

 

通院が困難な人が受けられる治療内容

在宅で受けられる歯科診療は、歯科医師や衛生士に看護師などが訪問して行われます。治療内容は、口腔の清掃を中心として歯垢と歯石除去、虫歯や歯周病の診療ができます。さらに入れ歯の調整や破損部分の修理、新たに入れ歯作成と装着のための抜歯が可能です。

入れ歯や口内ケアの指導も行い、症状の悪化を防いだり虫歯予防を行なったりします。誤嚥する可能性があって口から食べることが難しくなった人に、口腔リハビリを行うことで、少量ずつ食べられるようになることがあります。

ご家族と情報を共有しやすいから、治療方針について理解が進みやすいです。ご家族が普段、どんなケアをしていくべきか、医師から実際に指導を受けながら体験できるのも訪問歯科の魅力です。

訪問歯科は持ち運べる機材に限りがあるため、できることが限定されてしまいます。しかし、医療機器の発達やコンパクト化、新たな薬剤の承認など常に進歩しているため、今後もできることが増えていく可能性が高いです。

昔は断られたことでも、今は問題なくできるようになっている場合があります。在宅歯科医療を希望する人は問い合わせて見ましょう。

歯科クリニックのドクターたち、全てが訪問歯科に対応しているわけではありません。専用の医療設備を整えることが大変だからです。厚生労働省が普及のために、機器の貸し出しや診療報酬アップなどを試みていますが、十分に普及したとはいえない状況が続いています。

 

訪問歯科を依頼して在宅歯科医療を受ける方法

以前利用していた歯科クリニックがあるなら、これまで蓄積したデータを活用できるメリットもあるので、かかりつけ医にまずは相談してみましょう。

医師の人数が足りなくて時間がとれない、設備がないなどの理由から訪問歯科を実施していないときがあります。この場合は、お住まいがある地元の歯科医師会に連絡をとると実施しているところを紹介してもらうことが可能です。

歯科医師の数は増えていますが、地方だと歯科クリニックの数が少ない場合があります。遠く離れた場所にある歯科クリニックに依頼することは気が引けてしまう場合もあるでしょう。

でも歯科医師会から紹介を受けたのであれば、対応できるドクターがいるところを教えてくれているわけですから、心配をする必要がありません。市町村の役所内にある福祉課でも、同様に紹介をしてもらうことが可能です。

介護や老人福祉の施設などに入居しているときは、提携しているドクターがいる事が多いので確認してみましょう。改めて依頼をしなくても、施設で定期的に巡回をお願いしている場合もあります。

入居時の資料や契約内容を確認すると、記載してあることも多いです。緊急性がある場合も、施設を通してドクターに連絡して来てもらいましょう。

 

訪問歯科の診療料金について知っておこう

それぞれの診療内容によって発生する費用には違いがあるので、ドクターに料金を確認する必要があります。

治療費と訪問診療料は、保険が適用されます。加入している保険の種類によって、実質負担する額が違ってくるため、予め計算しておくと支払いのときに困りません。

遠方から訪問してもらう必要があるご家庭では、交通費が発生している場合、別途プラスされることがあります。

医療保険は、国民健康保険や社会保険に後期高齢者医療保険などがあり、後期高齢者保険は収入状況により1割負担か3割負担です。介護保険は、要支援あるいは要介護の方が適用します。

個人で加入されている生命保険に、訪問歯科に関するオプションがついていると、支払ったことを証明する書類があれば保険金がおりる可能性があります。通常は通院でおりる場合も、適用される可能性があるので、確認してみると良いでしょう。

請求できる期日が決まっている場合があり、治療費を払ってから年数がかなり経過してから保険金の請求をしても支払われない事が多いので、面倒でもその都度申請を行ったほうが良いです。訪問歯科以外でも自宅で診療を受けることになる可能性がありますので、保険の適用範囲は確認しておきましょう。

 

訪問歯科の必要性を理解し準備をしよう

口の中の衛生環境が悪くなると、菌の発生が爆発的に増えます。歯垢に増えれば歯石に変化しやすくなり、口内の傷に感染すれば口内炎、歯周病など次々と悪化していきます。

小さな虫歯も若い頃なら、唾液によりある程度は進行を防げました。でも高齢になり唾液の分泌が減ったり、顎が弱ったりして口をきちんと閉じておけなくなると、虫歯も広がりやすくなります。

菌に対抗できる免疫力が衰えていたら、口内の菌が体に広がって他の病気を誘発する可能性があります。脳や心臓の病、糖尿病に影響を及ぼすことも考えられるので、寝たきりや体が不自由で通院ができなくなったら、早めに準備を整えましょう。

在宅で診療を受けるとき、口内を見てもらうためには体の角度を調節できる椅子、あるいはベッドがあるととても便利です。介護用の椅子やベッドは購入すると高額ですが、リースをすると負担を軽減できます。使わなくなったら返却できるため、処分にも困りません。

医師が作業しやすいよう、ある程度医療設備を入れても動き回れるくらいの広さが必要です。介護用の椅子やベッドはサイズが大きいので、よく寸法を確認して準備しましょう。

 

各機関と連携して訪問歯科による在宅歯科医療を受ける

訪問歯科は、他の病気の診療を受けていると行ってもらえないことがあります。ドクターが、内科や外科などに精通していれば対応が可能な場合もありますが、歯科治療に使う薬剤などが、他の病気の悪化につながる恐れがあるためです。服用している薬の効き目をなくしたり、逆に強めたりして副作用が出てしまったら大変だという面もあります。

他の病気の診療中でも訪問歯科を利用したいなら、各機関と連携してもらう必要性があります。でもご自身やご家族が連絡を取り合って、調整するのは難しいでしょう。だからといって口内のケアを疎かにするわけには行かないので、ケアマネージャーに依頼します。

介護支援に関する知識を有したプロで、介護方針からサービスの選択に費用の計画など、広範囲で相談が可能です。各機関と連絡を取り合い、調整してくれる頼もしい味方です。

ケアマネージャーは、介護支援事業者にお願いすることで派遣してもらえます。市町村の役所内にある福祉や介護保険の窓口などで、介護支援事業者の紹介を受けられます。地域内の業者をパンフレットにして配布したり、ホームページで紹介したりしている場合もあるので、確認してみましょう。

 

生活の質を維持したり高めたりするためにも、食事を美味しく食べられることは大事です。通院できなくなったからと口内のケアを疎かにすると、食べる楽しみを失いかねません。訪問歯科による在宅歯科医療の必要性をしっかり理解して、うまく活用しましょう。

サイト内検索
記事一覧