訪問歯科診療・出張歯医者選びのサポートをしてくれるおすすめ紹介窓口をランキングでご紹介!【口コミでも評判の在宅治療サービス】

訪問歯科の利用は本人だけではなく介護者にもメリットがある

訪問歯科ではそのメリットが本人と介護者の双方にあります。自宅にいながらにして治療が受けられることで、通院にかかる時間の削減が出来ますから介護者の付き添いなどの時間を使わずに済む点があるなど、色々とあるわけです。

 

訪問歯科と介護保険制度の関係について

歯科診療所での治療では無く、その歯科診療所から歯科医師などに自宅に来てもらって治療を受けます。このときそのメリットとしてあることとして、本人が通院をしないでも治療が受けられる点が挙げられます。

要介護者の通院に関係する段取りは相応に手間で、しかも家族の付き添いからあるいは訪問介護事業における通院または乗車の介助といったサービスの利用を考えなくてはいけません。いわゆる介護タクシーですがその利用についてはケアプランに明記がいるなど、関係者間での段取りも必要になります。制度が複雑になり、利用者側が慣れるまでなかなか利用がしづらくなるものです。

一方の訪問歯科であれば、ケアプランにその必要性が明記されていて週間予定などで組み込まれていれば、利用で困ることはありません。医療行為はケアプランへの明記やケアカンファレンスなどの出席も必要が無いこともあって、関係者間での段取りが少なくて済むことがあります。

訪問歯科と他の介護サービスとが重ならないように設定する調整は必要ですが、その点はケアマネージャーが行えば済むだけですので、他の事業所には影響が少なくて済みます。

 

介護タクシーが利用できない地域の場合

訪問歯科で無くても通院で対応が出来ればそれに越したことはないです。医療器具類やスタッフ、特に歯科衛生士や歯科技工士などが多くいる診療所で、しかもレントゲンなどの機材も充実していれば、確実な医療が受けられやすくなります。通院の方が確実性が増すことは確かです。

しかしながら要介護者の場合には、その通院が大変である点を見逃してはならないです。通院を自分で出来るのであれば、そもそも介護認定を受けることは無かったかもしれないわけで、自分で出来ることが徐々に少なくなっていて、介護が必要だからこそ介護保険サービスの利用をしているわけです。通院も難しいと考えるのが自然です。

このとき通院が出来る状態であれば、たとえば介護タクシーの利用で対応が出来る可能性はあります。ただこの介護タクシーは、利用できる地域と出来ない地域とがあります。対応が可能な事業所が近隣にない場合には、このサービスの利用は難しいです。

必要に応じてケアマネージャーに相談してみることで解決できる場合もありますが、事業所が遠方の場合で運営規程に明記している実施地域外の場合は、断られる可能性があります。

 

家族の負担軽減のために介護サービスがある

介護保険制度は利用者本人だけではなく、その家族の介護の負担も軽減させることで、社会生活を送れるようにすることもその目的の1つとして制度化されました。そのため介護保険サービスを利用していくことで、本人のクオリティオブライフの維持あるいは向上だけではなく、家族の介護における負担を軽減することで日常生活及び仕事などに影響があまり出ないように配慮しているわけです。

昔この制度が発足するまでは、家族が面倒を見るのが当たり前とする向きもありました。ところが社会情勢の変化でその対応が困難となり、また家族も仕事に出る人が増えていき、女性の社会進出が当たり前の時代になっています。そうした中で従来担ってきた家族の対応が難しくなったことが挙げられます。

身内がして当たり前だったものを専門知識及び技術を有する人が行うことで、その負担の軽減だけでは無く、よりよいサービスが受けられることに繋がっています。制度の発足により救われてきた人が大勢いることは確かで、家族からも制度の利用による社会生活の断絶がなくなり、結果として仕事を辞めずに済んだ人も多いです。

 

訪問歯科と居宅療養管理指導の関係

医療と介護の連携が言われるようになって久しいですが、歯科の分野でも徐々に介護との連携が図られるようになってきています。地方では自動車が無ければ生活が出来ない場合も多くなっていますが、高齢になり介護が必要になってくると自動車の運転は厳しくなります。

場合によっては運転免許証自体の返納を求められるようになるなど、運転をいつまでも出来ない状態になっているわけです。 こうしたことから、自動車での通院が当たり前だった人はそれが出来なくなり、結果口腔ケアがおろそかになるケースもあります。

その問題解決のためにも訪問歯科の活用が言われてきています。訪問歯科ではケアプランにその必要性を明記させるなど、徐々に制度面からも変化が現れています。 歯科医師などの治療時に、在宅での療養の状況も確認する場合があります。

その際に在宅での口腔ケアの必要性やあるいはそれ以外でも、在宅での薬の服用の状況について積極的に関係者の関与が求められる事態があり得ます。こうしたときに役立つのが医療系の居宅療養管理指導サービスになるわけです。

 

口腔ケアを行うことで誤嚥性肺炎を防ぐこと

食べ物などを噛んで食べるときにしっかりと噛んで食べることで、ある程度の誤嚥性肺炎を防ぐことが出来るとされています。咀嚼機能が衰えてしまうとそのことが出来なくなり、結果として誤嚥になって肺炎を起こしてしまうという悪循環を招きます。その防止のためにも居宅療養管理指導などの場で口腔ケアも含めた対応を行い、定期的な歯の健康維持を目指すものです。

ケアプラン上にもこの訪問歯科に関する記述が設けられ、ケアマネージャーはその点も確認をするように変更されています。ケアマネージャーがカンファレンスあるいはその後のモニタリングの結果で、訪問歯科が必要と判断される場合もあり得るわけです。ケアマネージャーと関係者間での連携により、要介護者が口腔ケアを受けられるように段取りをすることが求められています。

8020運動が健康日本21などでも取り上げられ、歯をなるべく大切にして高齢になっても残していくことで口腔ケアをしっかりと行います。そのことが他の全身疾患に関する予防につながることが分かってきており、糖尿病などの予防効果も期待されるところです。

 

家族が介護に関わる時間を減らすことによる時間の有効活用が可能

家族が介護を行うことが出来ればそれに越したことはありませんが、核家族化が進む中で難しくなってきているのが現状です。今後もこの傾向は進んでいくと考えられています。高齢になって家族も遠く離れていて、1人暮らしをしているという光景も珍しくなくなりました。 もし必要になったときでも家族が対応できればそれに越したことはありません。

しかしながら仕事であったりあるいは学業であったりとやるべきことがある中で、なかなか時間を割くことが出来ない現状があります。あるいは家族への介護のために仕事を辞めてしまうという、いわゆる介護離職も徐々に社会問題化しつつある情勢です。

身内への介護のために、今までの積み上げてきた経験などを捨てて仕事を辞めざるを得ないことにならないようにするために、介護保険サービスはあります。積極的な利用で制度を上手く使っていけば、離職をしないで済む可能性が高まります。

医療もそして歯科医療も、制度の変更などで利用できるようになってきています。ケアマネージャーが中心となって家族の負担を減らすための対応を考えていき、訪問歯科なども含めた総合的なサービスの利用を可能にしているわけです。

 

介護保険の要であるケアマネージャーから訪問歯科の利用を勧められたり、あるいは今まで通院出来ていた人が出来なくなって利用をするようになってきたりするのが訪問歯科です。

通院が出来なくなってきた時には介護保険サービスの居宅療養管理指導と合わせながら、その利用を考えていくことで生活の向上に繋げられます。

 

 

サイト内検索
記事一覧