訪問歯科診療・出張歯医者選びのサポートをしてくれるおすすめ紹介窓口をランキングでご紹介!【口コミでも評判の在宅治療サービス】

訪問歯科も医療保険で通院時のように治療を受けられる

歯の健康というものは、体全体に影響する大きな問題でもあります。

しかし、歯科医療を受けることが難しいこともあり、そういった場合に役立つのが訪問歯科です。

そのメリットや費用の問題などについて見ていきましょう。

 

費用は通常の歯科治療と大きくは変わらない

訪問診療というと通常の病院へ通院する形とは違うのではないかという事で不安に思う方も多いのではないでしょうか。特別な医療であれば費用が大きくなってしまうのではないかという心配もあります。

しかし、訪問歯科では医療保険が利用できますから、自己負担額は一定割合におさえることが出来ます。もちろん通院する場合に比べて少し高くなりがちではありますが、それでも大きく額が変わってくるという事ではないので、通常の歯科治療を受けるイメージで利用できるという事は利用へのハードルがぐっと低くなります。

すべてを自費で負担するわけではないという事は頭に入れておきたいものです。これまで費用面の心配があり訪問診療をためらっていた方は、この機会に積極的に利用してみることを検討してはいかがでしょうか。

訪問歯科については基本的には医療保険の適用となりますが、介護認定を受けている方などは介護保険を利用するということもあります。どちらを適用するかという事は状態やケースによって異なることもあるので、どちらを使うのか迷っている方は相談してみるようにしましょう。

 

歯科医院へ足を運べない人の強い味方

歯の治療であれば歯科医院へ行けばよいと思っていても、それが実現できないという方も多くいます。例えば高齢で体が不自由になってしまった方、寝たきりになっている方などは、ちょっとした距離の移動でも大きな負担となってしまいます。

また、介護施設に入っていたり、病院へ入院していたりすると、それまで続けていた歯科治療が出来なくなり、歯の健康を保てなくなり、体全体へ影響が及んでしまうという事にもなりかねないのです。

地方で車が無い方なども、なかなか通院できずに虫歯をひどくしてしまっているという事もあるのではないでしょうか。ひどくなってしまうと治療も大変になりますし、影響が大きくなってしまいますから、早めに治療を受けるようにしていきたいものです。

そこで役立つのが訪問歯科ということになります。自宅や施設、病院に出向いて治療をしてくれることになるので、通院が難しい状況の方でも必要な治療を受けることが出来ますから、ぜひ利用してみましょう。

医療保険などが適用になるので、費用の点もそれほど心配なく利用することが出来ます。

 

自費の治療になる場合もあるのでよく相談

訪問歯科の治療は保険適用にならない部分も出てくることがあるので注意が必要です。

例えば、かぶせものや入れ歯などに使用する素材の違いなどによっては保険の適用にならないこともありますから、その場合は自費になるということになります。これは通常の歯科治療でも同じですし、医師からの説明もあるはずなので、しっかり聞いて必要かどうかを判断していくようにしましょう。

費用的にそれほど大きなものはかけられないという事から、はじめから保険の中でやってほしいという事であれば、それを前もって伝えておくのも良いでしょう。 お口の中の状況や本人の体調などによっては、自費にでも受けたほうが良い治療もあるかもしれません。こうした点については一概に言えるものではないので、その都度きちんと話を聞いて決めていきましょう。

高齢の方など判断が難しい場合には、家族などがついていて一緒に話を聞き、考えてあげることが出来ると安心できます。ぜひこうした形で納得のいく治療が受けられるようにしていきたいものです。

 

歯の問題が全身に影響することも

歯はそれほど重要なものではないというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。健康を気遣っているという方でも、体のほかの部分については定期的に健診などを受けていて、対策もしっかりしているのに、歯に関してはなかなかそれが出来ていないという事もあるはずです。

しかし、歯は消化器官の一部ですから、そこがうまく機能しなくなれば栄養をきちんと摂ることが出来ないという事にもつながり、体に大きな影響を及ぼすということになります。歯の状態が悪く口の中に雑菌が多く繁殖することになると、それが体中に悪影響を及ぼしていくという事もあるのです。

このように、単に歯だけの問題という事にとどまらず、全身に悪影響が及んでしまうということになれば、健康を害してしまう事につながっていきます。 そのため、歯だけの問題ととらえるのではなく、異変があったり不安なことがあれば早めに受診をしておくことが必要です。

また、歯磨きの仕方などを指導してもらう事も、衛生的に維持していくために必要です。高齢で体の抵抗力が落ちているからこそそういった点に気をつけていきたいものです。

 

定期的に健診を受けることも大切

訪問歯科を利用するのは、どうしても治療を受けなければならない場合だけではありません。現在虫歯や口の中のトラブルが無いとしても、チェックしてもらったり歯石取りなどのクリーニングをしてもらうという事も必要になってきます。

虫歯の初期段階などは自分で分かりにくいこともあります。歯茎のトラブルなども同様です。しかし、症状が進んでから治療をしようとすると大掛かりなことになってしまう事もありますし、治療自体が難しくなるという事もあるものです。

そうなってからでは時間も費用も大きなものになってしまうということがありますし、健康を取り戻すことも困難になっていくでしょう。 そのため、トラブルがあるかどうかを定期的にチェックしてもらうことが必要となるのです。

今問題が無いと思っていても、実は問題が隠れているかもしれません。医師にしっかりチェックしてもらい、必要なら治療を受けられるようにしていきましょう。移動が大変で通院できないという方も、訪問歯科であれば自宅で受けることが出来るので、健康管理に大いに役立つことになります。

 

まずは予約を入れてみることから

歯について問題を感じていながら、通院の難しさを考えると踏み出せなかったという方は、ぜひ訪問診療という方法を利用してみましょう。訪問が可能な地域というものがありますので、自分の住んでいる地域で訪問が可能な歯科を探してみることがまずスタートラインとなります。

必要なときにすぐ来てくれるとは限りません。できれば早めに予約を入れておくようにしましょう。痛みなどが強くなってもすぐに訪問できるわけではないですし、予約も医師のスケジュールによってはかなり先のこととなってしまう場合もあります。

思い立ったらまず予約をしてみるのがおすすめです。 歯の健康を守るためには定期的な診察と必要な場合の治療が必要になります。定期的に見てもらっていれば変化もわかりますし、悪化することを防いでいくことも出来ます。

早い段階でトラブルに気が付くことが出来れば治療も軽くて済み、体への負担も軽減することが出来るようになります。後から後悔しても取り返すことは難しいですから、まずは訪問歯科の予約を入れてみるという事から始めていきたいものです。

 

思うように動けない方にとって、健康を守る手段として訪問歯科は大きな助けとなってくれます。医療保険で費用も抑えられているので、不安に思わずに利用してみるのが良いでしょう。早期発見早期治療が出来れば健康維持につながります。

サイト内検索
記事一覧