訪問歯科診療・出張歯医者選びのサポートをしてくれるおすすめ紹介窓口をランキングでご紹介!【口コミでも評判の在宅治療サービス】

訪問歯科などで耳にする居宅療養管理指導とは

保険医療機関及び保険薬局に指定されるとほぼ自動的に居宅療養管理指導事業の許可を受けます。

この内容は訪問歯科のときなどに在宅療養をする上での注意点などを確認し、注意を促すことで生活の質を高めるために行うものです。

 

訪問歯科に対応する医療機関での居宅療養管理指導

健康保険証を使用しての医療行為が受けられるところを保険医療機関と言い、また同じように健康保険証を使用しての調剤薬局のことを保険薬局と言います。

これらは厚生労働省及び都道府県などの地方自治体から認可を受けた際に、訪問看護や訪問リハビリテーションそして居宅療養管理指導の事業許可を受けることになっています。

これをみなし指定とも言っていて、法律に基づいての行政による自動指定となるものです。

薬局のみは居宅療養管理指導だけですが、保険医療機関では3つの種類すべての許認可を受ける流れです。

なおこれらの辞退を申し出ることも出来ます。

その医療機関などの判断で申し出ることが出来ますが、再度の申請時には指定許可を要するなどの注意点もあります。

居宅療養管理指導では、在宅でのクオリティオブライフ向上のために、薬の服薬管理なども行うなどして生活面での問題点を無くしていく仕組みです。

通常の場合は居宅介護支援事業者によるケアプランでサービスの位置づけが必須ですが、この居宅療養管理指導だけは例外であり、要介護度に応じた限度額の枠にも入りません。

 

訪問歯科で在宅生活のチェックも出来る

訪問歯科を行う医療機関では、その患者の在宅における生活環境の確認も随時行っています。

この時、患者が歯の健康のために指示したことが出来ているかどうかなども確認し、アドバイスなども行うなどしてより生活に関係する面のフォローを行っているところです。

歯の健康では痛み止めなどの服薬のチェックも行っています。

処方している薬の残薬が適正かどうかや、それ以外にも服薬時の確認も合わせて行っているところです。

今までに処方している薬が残っている場合や、間違えて飲み過ぎている場合などの状態も見ます。

こうした対応により、患者の服薬に関する意識の向上に努めます。

定期的な訪問診療時であれば特にですが、生活環境のチェックも行いつつ必要な歯科治療も手掛けますので、患者の生活の質の向上に資するものです。

なおその他に気になることで直接タッチすることが適切ではない場合には、ケアプランの変更への助言をケアマネジャーに対して行うこともあります。

ケアプランでの単位数管理には該当しませんが、ダブルブッキングを避ける意味でプランへの位置づけは必須です。

 

訪問歯科から薬局に対して連絡が行くケース

訪問歯科では居宅療養管理指導まで手が回らない場合もあります。

この時にはその歯科医師からケアマネジャーやかかりつけの薬局に連絡が行って対応を促すこともあります。

特に地域での生活が長く、地方でこうした傾向がよくでるものです。

個人情報を扱う関係上、必要が無いことまで話をすることはありませんが、気になることを連携して情報の共有を行うことで、患者の生活を悪化させないようにします。

歯科診療所などから直接薬局に行くケースと、ケアマネジャーが分かっている場合にはそちらへと情報が伝えられることもあります。

このように情報の共有化により、患者の生活の質の維持と向上に努めていくわけです。

在宅での生活環境の向上がひいては入院などへのリスク軽減になると考えられていて、その意味でも横の連携は欠かせません。

その意識が強い訪問歯科医は積極的に連携をとりますし、ケアマネジャーのモニタリング関係でも情報の共有化を図ったりします。

なお歯科治療に関係があまりない薬の服薬管理にまでは、あまり積極的に話をしたがらないケースもあるなど色々ですが、連携はとってもらえます。

 

訪問歯科と居宅療養管理指導などのケアプランの位置付け

訪問歯科などは在宅系の介護保険サービスではありませんので、ケアプランには必要が無いです。

単位数の管理などが不要であることから、参考程度に考えているケースもあります。

同じことが居宅療養管理指導にも言えますが、このサービスは他の介護保険事業とは異なり、その単位数の上限には含みません。

単位数の管理枠外で提供が出来るものです。

そのため、ケアプランの利用料の計算では計上されず、したがって要介護度に応じた上限にも関係が出ないものです。

この利用料などの管理には影響がありませんが、それでも他のサービス特に訪問及び通所系のサービスにおいては、同じ日時にブッキングすると医療や介護の提供に影響が出ますので、その意味において調整が必要になります。

直接には関係がないとはいっても、在宅療養している患者の家計に大きな影響を及ぼしますので、その点への配慮が必要にはなります。

あまりにも頻繁なサービス提供は難しいものですが、必要な回数などを見極めて位置付けることは必要です。

利用者負担の支出の関係で他のサービスとの兼ね合いも出てきます。

 

ケアプランの内容の把握と説明及び同意と交付等について

ケアプランへの明記の必要が原則無いものであっても、そのプランに出来る限り位置付けてあげることで要介護者の予定がより分かりやすくなります。

そのためにはケアマネジャーの質の問題もさることながら、プランへの位置づけと同時にその内容に関する説明と同意を得ること、その上での交付という一連の流れを確実に行うことが大事です。

歯科ではほとんど関係が無く別途話をすればいいものではありますが、在宅での療養について関係があるわけですから全く無視していい訳ではないです。

むしろ時間帯の調整などで積極的な関わりが期待されます。

歯の口腔ケアを行うにしてもあるいはその他の治療を行うにしても、その状態や治療の経緯などは、介護に当たる人の中で共有できる範囲で行うべきことです。

この連携を図る上で重要なのは、ケアマネジャーの対応力です。

在宅療養を送る上で必要としている介護サービスを把握するとともに、その上での歯科との連携やその他の医療機関特に主治医との連携は欠かせないものとなっています。

歯科と同様に訪問診療を行うところも増えてきており、連携は欠かせません。

利用者及びその家族に対してしっかりと説明を行い同意も受け、交付しておくことが重要です。

 

医療と介護の連携とケアプランの重要性

医科及び歯科などの医療行為と介護の連携の重要性は年々増してきています。

在宅での生活を送る上で特に重要視されているのは、ケアプランを作成するケアマネジャーの存在です。

彼らが適切なプランを作成しなければよりよい介護サービスの提供に繋がりません。

介護だけでは無く医療に関しても、全く別の動きとしてばらばらに見るのでは無く、むしろ医療と介護と連携して、患者すなわち要介護者とその家族に接することが求められます。

単位数には影響がないからといってぞんざいにプランを作成することは許されません。

そのことで結果的に利用者の生活への影響が出ないように、しっかりと関わっていくことが必要になっています。

訪問診療などの訪問系医療と在宅系介護保険サービスでは、それぞれ時間などのブッキングが問題になります。

その調整役はケアマネジャーであり、介護保険制度の要としてしっかりと調整を行うことで在宅での生活の質を高めていくことが必要です。

医療と必要な介護を服薬管理なども通じて行うことで、患者、要介護者の状態の悪化を招かないようにすることも必要なことです。

 

訪問歯科では居宅療養管理指導と合わせて行われることもある他、調剤薬局が対応をすることもあります。

在宅での生活への問題を把握し、服薬管理などを通じて患者、要介護者のクオリティオブライフの維持に努めることも大事です。

サイト内検索
記事一覧