訪問歯科診療・出張歯医者選びのサポートをしてくれるおすすめ紹介窓口をランキングでご紹介!【口コミでも評判の在宅治療サービス】

訪問歯科で治療を受ける流れ

訪問歯科サービスによる歯科治療や口腔ケアを受ける流れを把握しておくと、いざ利用する時に戸惑うことが少なくなるはずです。

普通の外来歯科診療とは何かと違うところもあるので、主な段取りを頭に入れておきましょう。

 

まずは訪問歯科診療の窓口を決定

訪問歯科サービスを利用する時は、専用の窓口に連絡をします。現在歯科訪問サービスの窓口はたくさんあるので、まずはどの窓口を通じて利用するのか選ぶ必要があります。

個人で訪問サービスを提供している歯医者さんを探すのは大変なので、専門の窓口に相談するとベストな選択肢を考えてくれます。「自分はこのサービスを利用できる?」なんてお悩みも相談できるので、まずは数ある窓口から特に評判の良いところを選びましょう。

優良な紹介団体が揃っていますが、決め手になるポイントの1つは連携している歯科医師の人数です。連携している歯科医師の人数が多ければ多いほど、選べる選択肢も増えるので、利用しやすくなります。

また、相談に乗ってくれるスタッフも歯科衛生士さんなど医療関係者ならあれこれと説明する手間が省けます。介護の状態を伝えなければなりませんし、介護保険など保険の話になることもあるので、専門知識がないスタッフが相手だと話がスムーズに進まないこともあります。医療関係者が直接対応してくれる窓口だと何かと安心です。

情報収集する方法が分からなかったり時間に余裕がない時にも、マッチングサービスが充実している窓口は頼りになる存在です。

 

窓口に連絡し要介護者の情報を伝達

利用する窓口が決まったら、メールや電話で連絡を取りましょう。歯科の訪問サービスは入院先など自宅以外に来て貰うこともできるので、病院の看護師さんや介護士さんなど施設従事者が連絡を取るケースもあります。

まずは訪問サービスを利用することができるのか、条件が確認されます。一般的に歯科の訪問診療を利用することができるのは、要介護認定を受けている高齢者です。

脳梗塞やリウマチ、統合失調症やパーキンソン病など特定の疾病でリハビリや療養を受けている方も対象になります。普通の歯医者さんに行くことができる健康な方は対象にはならないので、ご注意下さい。

事前に患者さんの口腔内の状態を伝える流れになりますが、虫歯などの歯科治療の他検診のためにも利用することができます。来て欲しい目的、連絡先も伝えましょう。

訪問診療をお願いできる歯医者さんは在宅療養支援診療所の認定を受けていますが、障害者歯科医療の認定医が在籍している医院だとより専門性が高い処置も可能です。義歯や差し歯の作成、外科処置など、どんなケアが必要なのか事前に伝えておくことで、窓口も歯科医院を選びやすくなります。

 

受診が決まったら診療する日を決定

歯科の訪問サービスを利用できることが分かったら、あとは実際に訪問する日を決めます。希望する日時に来て貰えるとは限らないので、いくつか候補日を考えておきましょう。

早ければ即日受診できることもありますが、数日後になるケースが大半です。治療ではなく検診を希望する場合、1回目は無料になることが少なくありません。

また、専門性の高い処置ができる医師は限られているので、内容によっては順番待ちになることもあります。一般的な歯科往診では応急処置的なケアしか受けられないこともありますが、在宅歯科医療や障害者歯科分野に優れている歯医者さんなら、高度な医療が可能です。

最新機材も導入しているので、より詳しい診断を行った上、専門的な処置も行ってくれるので頼りになります。いずれにしても、訪問サービスを申し込んだあとは訪問歯科診療申込書が自宅に到着します。

この時点で訪問歯科診療の流れや申し込み方法、費用の支払い方法などについても改めて説明を受けることになります。分からないことがあったらこの時点で積極的に質問しましょう。

手続き自体に時間がかかることがありますが、手続きが完了していなくても治療や検診を始めることはできます。

 

訪問歯科治療当日に行われること

訪問による歯科治療の第1回目は口腔内の状態を把握するためにも、歯科衛生士さんによる口腔ケアから始まることが多いようです。寝たままでも大丈夫なので、自宅や病院、介護施設に到着した歯科衛生士さんが水や保湿剤を使って口の中を加湿します。

加湿後、スポンジブラシを使って歯と粘膜を清掃し、ブラッシングをして仕上げます。前歯から奥歯まで1本ずつ順番に磨き、プラークを取り除きます。

口腔内の汚染物は吸引器で吸い取るので、口を水ですすげなくても大丈夫です。口腔内のケアが終わったら、保湿のため専用ジェルを塗布しケアは終了です。

口の中が乾いていると、高齢者が患いやすい肺炎の原因菌も増えやすくなります。肺炎は要介護者にとって辛い状態になるので、保湿ジェルなどで口の中を加湿するケアは肺炎の予防に繋がります。

また、加湿ケアは口臭を予防するためにも必要なケアです。介護する側は要介護者の口臭がきついと、毎日のお世話の最中に不快な思いをすることもあります。洗浄と加湿をしっかり行うことで口の中の嫌な臭いも発生しにくくなるので、定期的に口腔のケアをお願いしましょう。

 

義歯の治療は1ヶ月以上かかることも

定期健診や口腔ケアは1回の訪問で終了することが少なくありませんが、内容によっては1ヶ月以上かかることも珍しくありません。例えば、歯科の訪問サービスでもっとも依頼が多い義歯の作成や修理の場合、週1回のペースで利用しても1ヶ月から1ヶ月半以上かかることが大半です。

本数によっても異なりますが、外来でも1回の訪問で完了することはないので、時間には余裕を持って申込みましょう。また、認知症などを患っていて患者さんが処置を拒否することもあります。

外来で受診するよりはリラックスできるため、比較的精神状態が落ち着くケースが目立ちますが、それでも受診当日の気分によっては処置するのが難しいこともあるでしょう。歯科の往診サービスではこういったケースにも慣れているので、うまく対応してくれます。

無理のない範囲でケアする時もあれば、処置をせずに帰宅することになることもあるようです。患っている疾病によって、口をしばらく開けておくのが辛いこともあれば、先生に暴言を吐いてしまうこともあるはずです。

医師側もそういった事情はきちんと把握しているので、ご家族の方も過剰に心配することはありません。患者さんにリラックスしてケアを受けて貰うためにも、無理のないスケジュールを立てて診療を進めていきましょう。

 

歯科の訪問サービスの支払い方法

歯科の訪問サービスを受けたら、費用を支払うことになります。介護保険や医療保険の対象になりますが、治療内容によっては自己負担となります。

基本的には都度払いより月毎の支払いになるので、口座振替手続きを済ませておくと便利です。一般的には毎月末の締切で、翌月の月末に請求書が発送されます。

訪問歯科診療控えが届いたら確認し、引き落とし日までに必要な金額を振り込んでおきましょう。医療費控除などで領収書が必要な場合、事前に連絡をして作成して貰って下さい。

往診にかかる交通費などの費用は負担する必要がありません。通院にかかる交通費は介護タクシーなどを使うとかなりの金額になるので、このシステムは利用する側にとって大変魅力です。

例えば、一般的な介護タクシーの場合、リクライニング車椅子を使う場合は2,000円、ストレッチャーは6,000円前後かかることが多く、介助代としても1,000円以上かかるケースが大半です。

2人以上のヘルパーを依頼する時も1時間あたり3,000円以上支払わなければなりませんし、看護師さんやヘルパーさんに付き添って貰う場合1時間3,000円から6,000円以上のお金がかかります。診察中、待機料金も加算されるので、待ち時間が長いクリニックだとびっくりするぐらいの合計金額になってしまいます。保険が適用される歯科の訪問サービスは経済的にもメリットが多いサービスです。

 

自宅で本格的な口腔ケアや治療を受けられる歯科の訪問サービスは、利用の流れも簡単です。専用窓口に連絡すれば手はずを整えてくれるので、指示に従うだけでOKです。

目的に合わせてぴったりな歯医者さんを選んでくれます。まずは良さそうな窓口を見つけることから始めることが先決です。

サイト内検索
記事一覧