訪問歯科診療・出張歯医者選びのサポートをしてくれるおすすめ紹介窓口をランキングでご紹介!【口コミでも評判の在宅治療サービス】

訪問歯科の診療範囲はクリニックから16kmの距離

ここ数年、車のボディーに歯科クリニックの名前や訪問歯科などの文字が書かれた車が街を走っているのを時々見かけることがあります。

これが訪問歯科ですが、国の規定で訪問することができるのは半径16km以内までと決められています。

 

実際にはギリギリまで行くことは少ない

訪問可能な距離は半径16㎞以内ですが、16kmまでは行きなさいと言う意味ではありません。以内なので半径10kmまでで留めておいてもOKだし、市外はやめて市内だけにしておこうということもできます。

実際には時間的な問題やアクセスの難しさなどから16㎞いっぱいいっぱいまで訪問している所はあまりありません。16kmという距離ではなく片道30分圏内などと時間で訪問範囲を設定している所もあります。都会では交通渋滞に巻き込まれることもあります。

また、直線距離は10kmであっても、アクセスが悪くて直線距離なら10分弱で行けるのに真っすぐな道はないために30分ほどかかるということも多いです。このような場合、時間がかかるばかりで何軒も回ることができなくなります。

歯科医師としては16kmギリギリの所まで訪問したいと思っていても、なかなか手が回らないというのが現状です。その日の予定を上手く立てて、効率よく回るルートを考えないと、スタッフも大幅な残業となってしまいます。最後の2軒が一番東の端と西の端などと言う場合は、非常につらいです。

 

もしも遠くまで訪問した場合はどうなるのか?

俗に「16kmルール」などと呼ばれているのが訪問歯科の範囲なのですが、もしも16kmを超えてこれよりも遠くまで訪問した場合はどうなるのでしょうか。この規定範囲を超えて遠くまで行った場合は、保険請求をしても認められず歯科医院や歯科クリニックに報酬が入って来ません、言うなれば経営者にとってはタダ働きの状態です。

そこで、規定の距離を超えて遠くまで行く時は患者さんに自己負担してもらうことで引き受けるというケースもあります。

しかし、一人の要求をのんでしまうと歯止めが効かなくなるリスクもあります。「どうしてあの人の家には5kmオーバーでも行ったのに、3kmオーバーのここには来てくれないのですか」と聞かれると答えようがありません。したがって、やはりキッパリと線を引いてしまおうとなります。この範囲を超えて訪問するというケースは、都会ではほとんどないと思っておいて良いでしょう。

都会の場合は、市内に訪問歯科を行っている歯科医療機関が複数あるはずです。そのため逆に、訪問範囲を規定よりも狭くして、お隣の市の歯科医療機関の患者さんを奪わないようにしている所も少なくありません。

 

近くに訪問歯科ができる所がない場合は認められることもある

都会では、市内に何軒も訪問歯科を行っている歯科医院や歯科クリニックがあります。しかし地方へ行くと、近隣に歯科医院や歯科クリニックでさえないという所も多いです。

また、高齢化社会が進む中で歯科医師の世界も高齢化が進んでいます。若い歯科医師が少なく、高齢の歯科医師が多いのです。また地方ではたった2人か3人程度のスタッフで1軒の歯科医院を運営しているという所が多いため、訪問までは手が回らないというケースが大半です。

そして高齢の歯科医のため、体力的に通院患者さんの診療だけでも精一杯で、とてもとても訪問歯科などは無理だという所も多いです。地方では訪問をしてくれる歯医者さんは極わずかになっています。

こういった状況下の場合は16kmを超えても保険適用になります。また、下の歯の斜めに生えた親知らずの抜歯などの難易度の高い治療や、インプラントなどの専門性の高い治療が必要なのに近隣に専門医がいないと言った場合があります。このようなケースでは、特別往診料と言う形で保険請求をすることができるので、規定範囲を超えても保険適用で大丈夫です。

最近では地方の場合はこの16kmルールを見直して、もう少し緩和しても良いのではないか、と言う動きも見られています。

 

歯医者さんのいない無歯科医地区がある

日本には、まだまだ無医村と言われる地域があります。平成26年10月の時点で、637ヶ所の無医村があります。その無医地区に住む人の人口は12万4122人です。同じように近隣に歯医者さんが1人もいない無歯科医地区もあります。

日本全国で平成26年10月の時点で858ヶ所です。そこに住む人の人口は20万6109人います。無歯科医地区は、当該地区の中心的な場所から半径4kmの区域内に50人以上の住人が住んでいるにも関わらず、歯科医療機関を利用できない地区だと定義されています。

半径4kmと言うことは、およそ1時間近く歩いて歯医者さんを探しても1軒も無かったという感じです。都会に行けばコンビニの数よりも歯医者さんは多いと言われています。2018年1月の時点で、歯科診療所の数は約6万9000軒です。コンビニの店舗数約5万5000軒を上回っています。

大都会では、道を挟んで北側と南側に歯医者さんがあったり、同じビルの1階と5階に歯科クリニックがあってどちらに行こうかと迷うこともあるでしょう。しかし地方では、そう簡単には歯の治療を受けることができない所もまだまだあるのです。

 

訪問歯科が必要な人は今後ますます増えて行く

日本はまもなく超高齢化社会を迎えます。2025年には75歳以上の高齢者が2179万人になるとか「いやいや、もっと多くなるはずだ。3500万人になるだろう」などと言う専門家もいます。

2016年10月時点では、75歳以上の高齢者は1691万人です。  高齢者は虫歯や歯周病などのリスクが高くなります。厚生労働省の調査によると、要介護者のおよそ74%は何らかの歯科治療が必要な状態です。

しかし、実際に治療を受けているのはわずか27%程だというのが実情になっています。高齢者の場合、虫歯や歯周病だけではなく食べるということ自体が難しくなってきます。飲み込む力や噛む力(咀嚼力)が衰えてくる為、食事の量が減ってきて栄養状態が悪くなることもあります。

このような高齢者に摂食嚥下のリハビリを行ったり口腔ケアを行うことで、食べる能力を保つケアやいつまでも口から形の有る物を摂取できるようにサポートするのも歯科医師や歯科衛生士の重要な役割になって来ています。口から美味しい物を食べられるということが、生きる意欲にも繋がって行きます。

 

訪問歯科は全然足りないのが現状

高齢者が増えると、今後ますます訪問歯科の必要性が高まってきます。

しかしコンビニの数よりも沢山の歯科医院や歯科クリニックがあるにも関わらず、訪問歯科は絶対的に不足しています。1診療所当たりの1ヶ月の訪問歯科の回数は12.6回だというデータも報告されています。この実施件数は、全ての要介護高齢者を対象に1ヶ月に1回の訪問を行った場合のわずか3.6%という充足率にしか、なりません。

施設で訪問歯科診療を実施している所は増加していますが、個人宅への訪問は減少している傾向があります。その背景には、若い歯科医師の減少があげられるでしょう。日本全体が高齢化しているのと同様に歯科医師の世界でも高齢化が見られます。

都会では高齢者が一人でやっていた歯科医院が次々と廃院になっています。新規開業も大きなリスクがあると言われています。アクセスが良い綺麗な駅ビルの中に、ホテルのようなきれいで設備が整っている歯科クリニックの方が、患者さんは集まります。

しかしその分、テナント料が非常に高いです。かといって駅から離れた場所では患者さんが集まりません。こういうリスクを避けて、開業医にはなりたくないという若手の歯科医師も多いです。こうなると、訪問歯科も当然、全く足りないでしょう。そういう事を考えると、16kmルールはもう少し範囲を広げようという意見は妥当だと言えるでしょう。

 

訪問歯科で歯科医が訪問することができる範囲は半径16km以内とされています。しかし地方ではこの範囲内だと探すのが困難なケースも多いので、住んでいる所によっては多少の差があります。

逆に都会では、時間の関係やアクセスの関係でこの範囲よりも狭い中で動かざるを得ないというのが実情です。超高齢化社会を迎えると需要は増えるものの、全く足りなくなるでしょう。

 

サイト内検索
記事一覧