訪問歯科診療・出張歯医者選びのサポートをしてくれるおすすめ紹介窓口をランキングでご紹介!【口コミでも評判の在宅治療サービス】

訪問歯科探しはネット検索が便利

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/08/28

訪問歯科診療は、歯科医や歯科衛生士が患者のもとに訪問して行う歯の治療方法です。通院が難しい人にとっては便利ですが、診療はどのように行われるのでしょうか。

また訪問歯科探しはネット検索が便利ですが、その理由についても説明します。

訪問歯科治療を行う歯科医院は増えている

訪問歯科診療は、歯科医が自宅などに訪問して歯の検診や治療を行う診療方法です。通常歯の治療をする場合、患者は医療機関で受けますが、中には治療を受けたくても通院が困難な人もいます。そうした人を対象に、歯科医が出向いて歯の治療をしています。

歯科医だけでなく、歯科衛生士も必要に応じて訪問し、歯のケアに努めています。全国的に訪問診療を行う歯科医院が増えてきました。日本訪問歯科協会によると、およそ1万5000の歯科医院が訪問診療を行っていて、これは歯科医院全体のおよそ2割強にあたると言うことです。

訪問診療を行う歯科医院が増えている背景には要介護高齢者など、歯科医院に通院することが困難な人が増えている現状があります。体が不自由な人であればあるほど自分で歯のケアが難しく、専門家による定期的な口腔ケアが必要になってきますので、歯科医が訪問して治療してくれるということは、本人にとってもまた家族にとっても負担が軽減されて、とても便利な方法です。

訪問診療では、歯の治療や検診の他に患者の食生活を把握したり、必要に応じて食事のアドバイスや嚥下の訓練を指導することもあります。こうした多様性を持つ訪問歯科治療は、今後ますます需要が高まると考えられます。

訪問診療で行われる治療内容や費用について

訪問診療では、歯科医は訪問診療用のポータブルユニットや、エンジンと呼ばれる義歯を調整する治療機材などを使いますが、こうした機材を利用することで、医療機関で受けるのとほぼ同レベルの治療が可能になります。機材を使った本格的な治療以外にも、入れ歯を調整するだけといった簡単な治療にも対応しています。

虫歯があるかどうかわからないが、気になるのでとりあえず検診して欲しい、または歯や腔内のことで相談だけしたいということも可能です。治療にかかる費用は医療機関で受ける場合と同じく、医療保険が適用されます。

健康保険は後期高齢者や前期高齢者、障害者、一般で負担額が変わってきますが、訪問診療も同じです。医療費の自己負担額が高額で、限度額を超えた場合も還付されます。介護認定を受けている場合は、介護保険が適用されます。

とても親切に治療してもらうと、お礼をしたくなりますが、訪問診療ではそうした礼金は必要ありませんし、交通費や出張費を負担することもありません。治療費については治療期間や治療内容、医療機関によって変わってきます。気になる場合は治療前に確認しておくといいでしょう。

訪問歯科診療の対象者と往診方法

訪問診療は通院が困難な人のための治療方法ですので、対象となるのは要介護高齢者や体が不自由な人などです。往診は自宅の他にも病院や入所している介護施設でも可能です。歩くことが困難だったり、寝たきりの状態の患者さんも診療の対象になりますが、体の状態によって治療が限られる場合も出てきます。

その時は家族と相談しながらの治療になります。虫歯と他の疾患の関連性が考えられる場合、入院先での治療は主治医と疾患の状態を考慮しながら行われます。歯のトラブルは、それだけ切り離して考えるよりも日常生活が要因になってることも多く、施設での治療は、普段患者と接している施設スタッフと情報をやり取りして治療をしていきます。

このように、訪問診療は患者だけでなく、その周りの家族や介護スタッフとも関わり合いながら行われます。 通常往診は診療時間内で、深夜の往診は行われていません。祝日や年末年始も通常は休診になりますが、歯科医院によっては受け付けているところもあります。訪問診療は予約をしてからというのが基本ですが、我慢出来ないほど歯が痛くて今すぐ治療が必要、という時は臨機応変に対応してくれます。

訪問歯科治療の依頼方法と選び方

歯科医や歯科衛生士による訪問治療を希望する場合、利用したい歯科医院に予約の申込みをします。初めての場合は、歯の検診から始まることが多いです。歯科医は検診結果を家族に伝え、今後の治療やケアの方法を説明します。

訪問歯科治療の選び方ですが、自宅が往診エリア内かどうか、治療に必要な機材を揃えているかどうか、歯科医の他に歯科衛生士に来てもらえるかどうか、実績があるかどうか、などがポイントになります。自宅からあまりにも離れすぎていると、往診に来てもらえない可能性が高いですし、何かあった時駆けつけるまでに時間がかかってしまうので、往診には向いていません。

訪問診療用のポータブルユニットがなければ適切な治療を受けられない場合もありますので、機材が充実しているかどうかはとても重要です。口腔ケアは主に歯科衛生士が行っていますので、歯科医しかいないというのも満足の行く治療が受けられない可能性が出てきます。

訪問診療の経験が豊富であるということは、予想外のことが起きても適切に対処してくれやすいということなので、治療実績は大事な判断材料になります。

訪問歯科診療を実施している歯科医院の見つけ方

それではどうやって訪問歯科治療を行っている歯科医院を探したらいいのでしょうか。近場にある歯科医院に問い合わせるのが手っ取り早いですが、目ぼしいところがない、という時のおすすめはネットで検索することです。ネットでしたらキーワードと地域名を入れるだけで、該当する複数の医療機関を見つけることが出来るからです。

現在ではほとんどの歯科医院が独自のホームページを持っていて、情報を発信しているので、ネットを使えば今まで気が付かなかった地元の歯科医院を見つけやすいです。訪問診療を行っているかどうかは、サイトをチェックすればすぐに分かります。

ネットではクチコミ情報も簡単に調べることが出来ます。もし希望の歯科医院を利用したことがある人が口コミを投稿していたら、事前にどんな治療をするのか、接し方はどうだろうか、納得がいくまで説明してくれるかどうか、といったことを把握することが出来ます。

メールフォームで問い合わせを受け付けているサイトもあるので、気軽に質問することもできます。このように、ネットを使って検索すればすぐに情報を集めることが出来るので、探す手間が省けます。

訪問歯科診療比較サイトの利用も効果的

地元にはどんな歯科医院があるのか検索するのもいいですが、それと並行して訪問歯科診療や訪問診療を行っている出張歯科医についての比較サイトを利用すると、もっと選びやすくなります。比較サイトには厳選された歯科医院が紹介されているので、自分で候補を絞り込む手間が省けます。

また、紹介されている各歯科医院の基本情報も簡潔に紹介されているので、どんな病院かが把握しやすいです。こうした比較サイトでは、診療時間や往診エリア、歯科衛生士の有無など、診療の特徴などが一覧にまとめられていることが多いので、複数の歯科医院を一目で比較できる便利さがあります。

たとえば寝たきりの祖母のために歯科医院を探している時、入れ歯の調整が得意で誤嚥性肺炎の予防に力を入れているという特徴を持つ歯科医院だとすぐに分かれば選びやすいです。その病院に対する評価や、診療を利用したことのある人の口コミが紹介されていれば、それも判断要素として活用できます。

このようにネットを使えば、特定の歯科医院のホームページから口コミサイト、比較サイトなど複数のサイトをチェックすることが出来るので、歯科医院選びで失敗する可能性が低くなります。

 

訪問歯科診療は、通院が困難な人のための歯の治療方法として定着してきています。訪問診療を行っている歯科医院は全国各地にありますが、手早く見つけるならネット検索が有効です。歯科医院の情報やクチコミ情報など、選ぶ時の判断材料になる情報を手軽に検索して、じっくりと検討してみては如何でしょうか。

サイト内検索
記事一覧