訪問歯科診療・出張歯医者選びのサポートをしてくれるおすすめ紹介窓口をランキングでご紹介!【口コミでも評判の在宅治療サービス】

訪問歯科での治療が必要か迷うときは相談窓口を利用しよう

公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/04/16

高齢化社会が進むいま、訪問歯科診療が注目されています。

これまで内科の先生が患者さんの自宅に往診に行くことはよく知られていましたが、最近では歯科医師でも患者さんの自宅に出向いて治療を行うことが増えています。

 

訪問歯科診療で受けられる治療とは

患者さんの自宅に赴いて診療する方法を「往診」や「訪問診療」といいますが、この2つは違う意味で使われています。 往診とは、診療上の必要性で医師が予定外に患者さんの自宅に赴いておこなう診療のことです。これに対して訪問診療とは、患者さんの同意を得て予定を組んだうえで医師が病気や怪我などで通院が困難な患者さんの自宅に赴いておこなう診療のことです。

訪問歯科診療は、あらかじめ診療の予定を立てて患者さんの自宅に赴いて歯科治療を行います。具体的な治療内容は、虫歯や歯周病の治療、口腔内ケア、入れ歯の制作や修理など一般の歯科診療を受けることができます。

通院と同じく予約制なので、予め電話等で予約を取って日時を調整する必要がありますが、通院する必要がないので患者さんや付き添う家族への負担がありません。

通院の治療費と比較すると訪問診療料が加算されるぶん数百円~千数百円ほど割高にはなりますが、もちろん健康保険証を使うことができるので差額は大きくないでしょう。また、医師の交通費や出張費などは発生しないことが多く、実質治療費のみで済むという利点があります。

 

訪問歯科診療が受けられる人の基準

訪問歯科診療は便利ですが、保険制度によって訪問診療を受けられる患者さんが規定されています。それによると、「寝たきりまたはそれに準ずる状態で通院することが困難な方」とあります。

例えば車椅子の方、病気や怪我で自宅療養中の方、病気や怪我で歩行が困難または外出が困難な方などがあげられます。よって、忙しくて通院する時間がないから自宅に来てほしいというような個人的な都合だけで健康な人が利用することはできません。

ただ、訪問歯科診療の有無の判断は医師が行うので、人によっては通院するべきか訪問診療を受けるべきか迷う方もいるでしょう。  自分や家族の状態が訪問診療に該当するか分からないという方は、相談窓口を利用してみるのがおすすめです。 患者さんの病名や通院できない理由などの状況から訪問診療が可能かどうか判断してもらえます。

相談窓口と一口に言っても色んな機関やサポートセンターがあるので、自分に合ったところを利用してみましょう。訪問歯科診療が可能なら、自宅近くの訪問診療を行っている歯科医院を紹介してもらうこともできます。

 

かかりつけの歯科医院を利用する

かかりつけの歯科医院がある場合は、まずそこで相談してみることをおすすめします。ただし、全ての歯科医院が訪問歯科診療を行っているわけではないので、かかりつけの歯科医院が訪問診療に対応しているかにもよります。 訪問診療に対応していない場合は、対応している歯科医院を探して連絡を取ってみてもいいでしょう。

ちなみに、訪問診療が可能な範囲は歯科医院から半径16キロ以内の自宅と規定されています。そのため、かかりつけの歯科医院を含めて、どこの歯科医院でも利用できるというわけではないので注意しましょう。

通常の予約と同じように電話にて相談することができます。また、歯科医院によってはメールやFAXでも受け付けていることがあるので、自分に合った方法で相談してみてください。

訪問診療が可能かの最終的な判断は医師が行うので、1つの病院で断られたとしても他の病院なら受けてくれる可能性もあります。 かかりつけの歯科医院がないまたは該当する病院が自分で探せない場合は歯科医師会、ケアマネージャー、サポートセンターなども利用できます。

 

都道府県や自治体の歯科医師会を利用する

各都道府県ごとに公益社団法人「日本歯科医師会」という、歯医者さんを個人会員とした職能団体があります。また各自治体においても一般社団法人の歯科医師会があり、どちらでも訪問診療の相談を受け付けています。 加盟自体は任意ですが、加盟している歯科医院なら歯科医師会から紹介してもらうことができます。

そもそも歯科医師会とは、歯科保健事業を行う団体のことです。歯科医療に関する啓発活動、歯科医師や患者の権利を守るための社会活動などを行っています。 もちろん患者さんの歯科診療に関する悩みに応じるのも業務の一環です。

利用は無料、電話、メール、FAXなどに対応しているので気軽に利用できます。お住まいの都道府県や自治体の歯科医師会を利用してみましょう。

ただ、ホームヘルパーケアマネージャーを利用している場合は、公益法人や一般社団法人を利用する前にそちらに相談してみるのもおすすめです。自分で動くことなく、訪問診療のサポートを行ってもらえます。

 

ケアマネージャーやホームヘルパーを利用する

ケアマネージャーは介護サービスをサポートする介護支援専門員のことで、ホームヘルパーは訪問介護を行う訪問介護員のことです。いずれの専門職も要介護認定を受けた人なら必ず関わることになります。

ケアマネージャーは適切なサービスを提供するためのケアプランの作成、市区町村やサービス業者との連絡や調整を行い、介護サービス全般のマネジメントをします。対してホームヘルパーは、支援専門員と連携して、患者さんの身体介護や生活援助・介助などを行います。

訪問歯科診療を受ける多くの方は要介護認定を受けている方なので、ケアマネージャーやホームヘルパーとの付き合いがあるものです。 ケアマネージャーは医療との連携を円滑にできるようになっているのが一般的なので、訪問歯科診療の悩みに応じてくれて手配も行ってくれます。

また、ホームヘルパーに相談すればケアマネージャーに伝えてもらうこともできるので、どちらに話しをしても構わないでしょう。 介護者の状況を見て適切な歯科医院の紹介をしてもらえるので、自分で探す手間が省けて面倒がありません。

 

訪問歯科診療支援サービスを利用する

色んな窓口がありますが、訪問歯科を専門的に扱う支援サービスサイトもあります。フリーダイヤルで利用でき、またメール対応も可能です。 訪問歯科の専門サイトなので、余計な情報がなく専門的に対応してもらえるのが特徴でしょう。サイト協力歯科医師の中から最適の歯科医師を紹介してもらうことができます。

また、支援サービスサイトにもよりますが、患者さんが速やかに訪問歯科を受けられるように、事前にケアマネージャーや主治医への連絡や手続き等も行ってくれます。患者さんの家族、主治医、ケアマネージャーと連携を取りながら行っていくので安心して治療をうけることができるでしょう。

ただ、サービスがいいと利用料が心配という声もありますが、相談や紹介自体は無料です。訪問診療における治療費のみで利用ができるので、気兼ねなく使うことができます。

利用地域は限定されますが、お住まいの地域に該当する場合はとても便利なサイトです。精神的な問題で通院できないなど、要介護認定を受けていない方でも利用できるので、いずれにしてもまずは相談することをおすすめします。

 

訪問歯科は聞きなれない言葉なので、どんなものなのか、自分や家族のケースで利用は可能なのか分からないことも多いでしょう。しかし、1人で悩んでいても仕方ありませんので、頼れる機関やサポートセンターを利用することです。

サイト内検索
記事一覧