訪問歯科診療・出張歯医者選びのサポートをしてくれるおすすめ紹介窓口をランキングでご紹介!【口コミでも評判の在宅治療サービス】

訪問歯科選び方と依頼方法

訪問歯科は通院が困難な方のために、自宅に出向いて歯の治療をする往診を行っています。

いざ訪問歯科を利用しようと思ってもどうやって選んでいいかわからない人のために、歯科医院の選び方と依頼方法を調べてみました。

 

良い訪問歯科を選ぶためのチェックポイントとは?

良い訪問歯科を選ぶためにはいくつかのチェックポイントがあります。

治療の際は自宅まで来てもらう必要があります。

そのため、信頼関係が非常に大切になります。

長い間、住んでいる地域で歯科診療をしている歯科医院なら実績もあり、安心して依頼できます。

また依頼したらなるべく早く来てくれるかどうかも大切なチェックポイントです。

急な歯の痛みは我慢できないことも多いので、患者はなるべく早く診療してもらいたいと思っています。

たとえ予約がいっぱいでも、熱心な歯科医院なら時間を調整してもらえるかもしれません。

さらに、一般の歯科医院と同様に設備が充実しているかどうかも選ぶポイントになります。

良い訪問歯科は、ポータブルユニットとよばれるきちんとした機材を持っている場合が多いです。

できれば虫歯の治療だけでなく、歯周病や入れ歯の調整、ときには嚥下が困難な人にまで幅広く対応してくれる歯科医が理想的です。

歯科衛生士が在籍しているかどうかも大事なチェックポイントになります。

歯科衛生士が口腔ケアに関して相談に乗ってもらえるところなら、治療後もなにかと安心です。

 

訪問歯科を探すための方法とは?

訪問歯科を探す方法はいくつかあります。

まずは、地域を担当する包括支援センターや介護認定を受けている方ならケアマネージャー等に相談してみるのが良い方法です。

その他には地域の保健センターや保健師などに相談する方法もあります。

かかりつけの歯科医院があるなら、訪問診療を依頼してみることもできます。

施設に入居している場合には看護師やケアマネジャーに聞いてみると紹介してくれるかもしれません。

歯科医院と連携して、定期的に歯科診療を行っている場合もあります。

歯科医師会などに問い合わせると教えてくれることもあります。

インターネットサイトで訪問に対応する歯科を探すこともできます。

ネットでは口コミでおすすめの紹介窓口を紹介しているので、そうしたサイトから選ぶことも可能です。

また、日本訪問歯科協会のサイトから訪問を行っている歯科を探すこともできます。

利用する際には医師の診断書や要介護認定の書類、障害者手帳などの書類が必要になることもあります。

いざというときにすぐこれらの書類が提出できるように日頃から準備しておきたいものです。

 

訪問歯科を利用する際の注意点とは?

訪問歯科を利用できるのは体に障害などがあり、通院するのが困難な人と決められています。

そのため通う時間がないから家まできてほしいというのは認められていません。

健康保険法に基づく厚生労働省の通知に由来し、訪問する歯科医院から自宅あるいは施設までの距離が16キロ以内と決められています。

またこの距離数以外に、各歯科医院が独自の地域基準というものを設けています。

概ね10キロ以内と規定しているところが多いようです。

利用する際には確認が必要になります。

ほとんどの訪問歯科は一般の歯科医院と同様の歯科治療が可能です。

たとえば歯を削ったり、抜くなどの一般的な治療や歯周病の治療、口腔ケアなどを行います。

必要に応じて嚥下が困難な人のリハビリテーションなどがその治療です。

しかし、歯や口腔内の状態によっては、対応しきれないこともあるので注意が必要です。

費用ですが、医療保険と介護保険の両方が適用になります。

その場合にはそれぞれの自己負担金が必要になることがあります。

訪問には訪問診療料金が加算されるほか、交通費を請求されることもあるので注意が必要です。

 

良い歯科医院はここが違う!選び方のコツ

良い歯科治療をしてもらうためには、かかりつけ医を持つことが大切です。

同じ患者さんの口の中を定期的に見ている歯科医ならば、以前の状態を知っているので小さな変化にも気がつくはずです。

通院しているときから通っている歯科医院ならば、訪問診療も依頼しやすくなります。

そのため、自宅や職場などから近いクリニックを選ぶようにすると便利です。

治療を行う際には、診療の期間や費用、治療法などについて詳しく説明をしてくれるのが良い医者です。

レントゲンや器具などがきちんと揃っているかどうかも選ぶ際のポイントになります。

待合室が衛生的かどうかも見極める点になります。

さらに詳しい検査や治療が必要なときには、紹介状を書いてもらえるかどうかも大事な点です。

そして、歯科衛生士が常勤してブラッシングや口腔ケアの指導に力を入れているところは良い歯科医院です。

歯科衛生士がたくさんいるところは、口腔ケアに熱心な歯科医院と考えられます。

また、患者の話をしっかり聞いて、質問や相談に応じてもらえるところも良い歯科医院といえます。

 

おすすめ訪問歯科窓口をみつけよう!

訪問してくれる歯科医院を見つけたいけど、どうすればいいのかわからない、そんなときにはインターネットで調べる方法があります。

一番の人気のサイトは「訪問歯科119番」です。

このサイトは主に埼玉や東京、神奈川などの首都圏エリアと大阪や京都などの関西エリアを中心に診療を行っています。

協力歯科医が700名以上とネットワークが実に広く、歯科医師同士が連携して治療にあたっています。

当日、または翌日の訪問依頼に対して急患対応率が96%と高率なので、急な歯の痛みにも対応してくれることが可能です。

モットーは「患者様本位」なので、きめ細やかな対応をしてくれます。

たとえば女性歯科医というリクエストにも答えてくれます。

自宅まで来てもらうのに女性の方が良いという人におすすめです。

歯科衛生士が医療相談窓口を開設しているので、相談に乗ってもらえます。

高齢者や体の調子が不自由な方はその人にあった配慮が必要です。

この相談窓口なら、きめ細かい対応をしてもらえるので、安心して診療をおまかせすることができます。

自宅に歯科医師に来てもらうことに抵抗があり、今まで利用をためらっていた人や初めて利用する人におすすめの相談窓口です。

 

歯を治療することの重要性について

訪問歯科は、体力的な問題で歯医者まで行くことができない人におすすめです。

例えば、足や腰が痛くて通院が不可能な人、あるいは寝たきりの人などに適しています。

そういう方は歯科診療を諦めがちですが、自宅に来てもらえばサービスを受けられるので非常に便利です。

虫歯や歯周病がひどい、あるいは入れ歯が合わないなどの理由で食事が取れないと栄養状態が悪くなり、全身の健康状態がますます悪化していきます。

口臭ケアを怠っていると、口の中の細菌が気管に入ると誤嚥性肺炎を起こすことがあります。

誤嚥性肺炎は高齢者の死因で上位にランクインしている怖い病気です。

また歯周病を放置しておくと歯が抜けてしまって、食事が満足にとれなくなることがあります。

歯科診療を定期的に受け、口腔ケアを実施してもらえば早めに治療してもらえるので安心です。

食べるという行為は脳とも密接な関連があります。

よく噛んで食べる人は脳が活発に動くので、記憶力や思考力が高いという報告がされています。

高齢になると認知症が気になりますが、しっかり自分の歯で食べて認知症を予防したいものです。

 

歯が痛いのは本当に辛いものです。

しかし、足腰が不自由、あるいは寝たきりだからという理由で歯医者に行くのを諦めてしまう人もいます。

そんなときは訪問歯科を上手に利用して、お口の中を定期的にケアしてもらいましょう。

サイト内検索
記事一覧